スマートフォン版はこちら

拡大鏡を使った治療|川崎駅 アトレ川崎8F 歯科 歯医者

サイトマップ

拡大鏡を使った治療

HOME > 拡大鏡を使った治療

治療のクオリティを高める拡大鏡

拡大鏡とは歯科医が治療の際に用いる眼鏡のような医療機器のことです。

狭く暗い口腔内は肉眼では大変見えにくいものです。その中で、小さな歯の内側や境目にできた初期のむし歯を見つけ、正確に治療を行うことは、熟練の歯科医でもなかなか困難でした。

牟田歯科では拡大鏡を用い、患部を拡大して治療を行っています。拡大鏡の倍率は肉眼の3倍~10倍ほどです。また、拡大鏡にLEDライトを装着し、口腔内を明るく照らすことで歯の状態をより正確に把握しています。これにより、精密で正確な治療を実現しています。

拡大鏡のメリット

  • 肉眼では見えにくい細かい部分を、肉眼の3倍~10倍ほどに拡大できる。
  • LEDライトの装着で、暗い口腔内を明るく照らしながら診断・治療できる。
  • 歯の細部まで正確に把握できることで、正しい治療計画を立てることができる。
  • 正しい治療計画のもと、精密で正確な治療を実現できる。

拡大鏡

どのようなときに使用するか

治療のクオリティを高める拡大鏡

むし歯治療

拡大鏡を使用すると、むし歯と健康な歯の違いまでよく見えるようになります。必要な部分だけ削り、健康な歯をなるべく削らない治療を行えます。

詰め物、被せ物

詰め物や被せ物と歯の間にすき間や段差があると、そこからむし歯になるリスクが高まります。拡大鏡を使用してより滑らかに仕上げることで、リスクを減らし結果的に詰め物や被せ物が長持ちします。

歯の根の治療

歯の根の治療(根管治療)を行う際にも拡大鏡を使用します。進行したむし歯では歯の神経を除去する必要が出てきます。見つけにくい歯の根の管を見つけたり、神経の取り残しを防ぐためにも拡大鏡は活躍します。

インプラントや歯周外科処置など

拡大鏡を使うことで、肉眼より精密な手術を行うことができます。また、縫合の際に細い糸が使えるので治りが良くなります。

歯の定期検診やクリーニング

衛生士が、歯石の除去や歯のクリーニング(PMTC)をするときにも拡大鏡を使っています。肉眼では見落としてしまいそうな歯石や歯垢も、逃さずすべてきれいにできます。

拡大鏡

ページの先頭へ »