牟田歯科医院

一般歯科

歯科治療に恐怖感や不安感をお持ちの方へ

患者様の立場にたち分かりやすい説明を行っております

カウンセリングルーム

歯科治療に対して「きちんと治療してくれるか不安」、「痛いのが怖い」など様々な恐怖心や不安感があるのは普通のことです。
当院では患者様の立場にたち、治療に関する様々なお悩みを解決し、治療方針を患者様にわかりやすく説明させていただき、ご納得をいただいた後に治療を行います。
プライバシーを考慮した個室のカウンセリングルームをご用意しておりますので、ご安心してご来院ください。

痛みの少ない治療を心がけております

状況に応じて表面麻酔(注射針を使用しない麻酔)を使用するなど、患者様にとって可能な限り、痛みの少ない治療を心がけております。

虫歯の治療について

痛くない治療への取り組み

まずは、お口の中を検査し、患者様のご希望にそえるよう、治療の計画をたてます。治療について患者様にご納得いただいた後、治療を行います。

患者様のご希望に応じて、白い詰め物や被せ物などの審美的な治療、金属アレルギーなどの心配のない素材での治療も行うことが可能です。

審美的な治療について »

歯周病について

知っていますか? ~ 35歳以上の成人の約80%は歯周病にかかっています

歯周病について

歯周病とは、歯の周囲に付着した歯垢が歯と歯肉の隙間に入り込み、歯を支えている骨を溶かしてしまう病気です 。歯周病になると歯がぐらつき、歯ぐきから膿が出てきます。症状が更に進むと最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

また、歯周病は歯を失うだけでなく、心臓病、糖尿病などの全身疾患にも悪影響を与えています。 歯周病は自覚症状が少なく、気付いたときには手遅れになっている場合もあります。

歯周病の自覚症状
  • 朝起きたとき、口の中がネバネバする。
  • ブラッシング時に出血する
  • 口臭が気になる。
  • 歯肉がむずがゆい、痛い。
  • 歯肉が赤く腫れている。 (健康的な歯肉はピンク色でひきしまっている)
  • かたい物が噛みにくい。
  • 最近歯が長くなったような気がする。
  • 昔に比べて歯と歯の間にものがはさまりやすくなった。

上記症状に該当する方は、お早めにご来院ください

歯周病の治療
基本治療

この療法は、歯周病に対する基本的な治療法です。歯周ポケットの深さを測定し、専用の器具を使い、歯垢、歯石の除去を行います。歯垢、歯石の除去を行ったのち、歯周組織が改善され、歯周ポケットの深さが浅く(2mm~3mm)維持されればメインテナンスに移行します。

外科治療

基本治療でポケットの深さが改善されず、歯周ポケット内で細菌が生息し、ブラッシングでは除去できない状態や、歯周病の状態の進行が進んでしまった状態に対しては外科的にポケットの深さを減少させる手術があります。また失われた骨を再生させる手術を行う場合もあります。 歯周ポケットの深さが浅く維持されればメインテナンスに移行します。

歯周病のメインテナンス

歯周病は非常に再発しやすい病気です。そのため 定期的な検査と予防処置を行うことが必要です。 歯周病のチェックと専門家による歯垢、歯石の除去などのクリーニングを行うことが重要です。
治療が終了した後は、3~4ヶ月ごとの定期検診をお勧めします。

予防歯科

予防歯科とは?

歯を失うほとんどの原因が虫歯や歯周病です。失ってしまった歯は戻りませんが、虫歯や歯周病を予防することは可能です。 予防歯科の先進国であるスウェーデンでは70歳以上の方でも平均で20本の残存歯(日本は10本未満)があります。スウェーデンでは、90%近くの方が定期的に歯の検診やクリーニングのために歯科医院を利用しています。

当院では、虫歯や歯周病を未然に防ぎ、みなさまの快適な生活をサポートできるよう、予防歯科にも積極的に取り組んでおります。

定期検診

定期検診

毎日、歯磨きをしていてもどうしても磨き残しがあり、その汚れが虫歯や歯周病の原因になります。

当院では、定期的にご来院いただき検診を行っていただくことをおすすめしております。

失った歯は元にはもどりません。いつまでも自分の歯で噛めるように、当院が患者様のお口の健康をしっかりサポートさせていただきます。

PMTC

PMTCとは歯科医師、歯科衛生士が専門の機械を用いて歯をクリーニングすることです。

食べかすによる歯垢や プラークはバイオフィルムとよばれ歯の表面にヌルヌル、ネバネバした膜をつくります。

この膜の中には虫歯や歯周病の原因となる細菌が住み着きます。バイオ フィルムは歯ブラシでは取り除けないほど強力な粘着力を持っています。PMTCを定期的に行うことによってバイオフィルムを除去し、お口の中を虫歯、歯周 病から守り健康な口元を維持することをおすすめします。

また、タバコを吸う方やコーヒーやお茶を良く飲む方は定期的なPMTCにより着色を落とすことができます。

PMTC 術前・術後

フッ素塗布

フッ素が歯に触れると、歯の表面であるエナメル質の結晶が硬く強いものに変化し、虫歯になりにくい歯になります。歯科医院でフッ素塗布を行った後も、家庭でフッ素入りの歯磨き粉などを使用するとより効果的です。

PC版 / スマートフォン版